FrameMakerのファイルを開くと毎回「非決定の相互参照が…」のアラートが!

FrameMakerを使ってドキュメントを作成していくと、FrameMakerのファイルを開いた時に、「非決定の相互参照」のアラートが表示され、ビックリすることがあります。

具体的には、このようなメッセージです。

「XXXXXXX.fm」には、非決定の相互参照があります。決定方法は、ユーザーガイドまたはオンラインヘルプを参照してください。

(画像は、FrameMaker 12です。以降同様です。)

 

FrameMakerを使いはじめたころは、よくわからずアラートにしたがってマジメにつなぎ直したり、相互参照を更新したりするのですが、次回ファイルを開いた時に、また「非決定の相互参照が…」のアラートが…。

なぜ、相互参照がファイルを開きなおすたびに切れてしまう(非決定になる)のか分からず悩んでしまうことがあります。

ただ、大抵の場合、ブック内のファイルを全て開き、「ブック更新」で「全ての相互参照」を更新すると「ブックエラーログ」に非決定の相互参照が表示されること無く、更新できてしまいます。

 

あれ?!相互参照、切れてないじゃん!

 

そう思ったあなたは正しいです。

全ての相互参照を更新して、「ブックエラーログ」に非決定の相互参照が表示されなければ、相互参照に問題はありません。もし、ここで非決定の相互参照が表示されていれば、それは、修正すべき箇所です。

では、なぜ相互参照に問題がないのに、ファイルを開いた時に非決定の相互参照のアラートが出てしまうのでしょうか。

実は、すごく単純な話なのです。

開いたファイルにある相互参照が、別のファイルを参照していると、その参照先のファイルがまだ開かれていなかった場合、参照先が無いと判断され非決定の相互参照アラートが出てしまうのです。

 

例えば、ブックに先頭から「A.fm」、「B.fm」の順にファイルを登録してあり、「A.fm」のファイル内には「B.fm」への相互参照が貼られているとします。

全ファイルを開こうとした時、ブックの先頭にあるファイルから開かれていきますが、

この「A.fm」を開いた時には、まだ「B.fm」は開かれていません。そのため、FrameMakerは、「参照先が無いぞ!」と判断し、実際には参照先があるにもかかわらず、アラートを出してしまうのです。そのため、ファイルを全て開ききったあとに、全ての相互参照を更新してもブックエラーログには、非決定の相互参照が表示されないのです。

 

アラートのあの一文ももっと親切に、「決定方法は、ユーザーガイドまたはオンラインヘルプを参照してください。あるいは、参照先のファイルがまだ開かれていない可能性があります。」など、付け加えてくれたら分かりやすいのになと昔から思ってました。

 

つまり、結論的には、ファイルを開いた時に表示される非決定の相互参照アラートは、「気にしない」で大抵大丈夫です。

ただし、全てのファイルを開いているのに、相互参照を更新して「ブックエラーログ」に非決定の相互参照が表示される場合は、ちゃんと修正しましょう。

 

ちなみに、Adobeさんも、ファイルを開いた時の「非決定の相互参照」のアラートが少々面倒くさいと気づいたのか、FrameMaker11あたり(うろ覚えです…)から、このアラートを非表示にできるように設定することができるようになりました。

設定方法は、FrameMaker12を例にとると「編集」→「環境設定」→「グローバル」の「警告」をクリック。「ファイルには非決定の相互参照が含まれています」のチェックを外せばOKです。

これで、スッキリ開けます。

 

所在不明のフォントについても、注意点があるのでいずれまた…。


お問合せ

アクセス情報

  • 住所:〒430-0837 静岡県浜松市南区西島町2005
  • TEL: (053) 425-0425
  • FAX: (053) 425-1425
  • E-mail: ami-t@ami-t.co.jp

営業時間

  • 月曜 - 金曜 - AM9:00~PM6:00